TOP » 【宝石鑑定士から学ぶ】知らないと損!ジュエリーとは » いいダイヤモンドの選び方 » スクエアカットのダイヤモンドの概要

スクエアカット

スクエアカット

クラシックな雰囲気を感じさせるシンプルなカット

「スクエア」という名前からもわかるように、スクエアカットは縦横の長さが同じ正方形に見えるカット方法です。切子面は57が一般的であり、長方形の面には「ステップカット」が採用されています。

ピラミッド型の中心部に上下左右対称なカット面が並ぶスクエアカットは、輝きこそ強くないものの、シンプルでクラシカルな印象を与える昔ながらの手法。平等、正義、秩序などの象徴とも言われています。

スクエアカットの特徴

カット面が広いため、宝石そのものの輝きが楽しめる

スクエアカットには、それぞれのカット面が比較的大きいという特徴があります。細かくカットされたダイヤモンドは光を反射して美しくきらめきますが、その反面、宝石自体の色や美しさを感じることはあまりできません。その点、スクエアカットは宝石の透明度を引き立たせるため、ダイヤモンドの美しさをじっくり鑑賞することができます。

宝石をより輝かせるプリンセスカット

輝きが少ないスクエアカットをより輝かせるようアレンジしたのが、「プリンセスカット」です。スクエアカットと同様に正方形型をしていますが、カット面はブリリアントカットのような放射線状。光を受けると強くきらめきます。クラシカルでスマートな印象のあるスクエア型と、輝きの強いラウンドカットの融合として人気の高いカット方法です。

スクエアカットが映える国内のジュエリー

ハーフエタニティリング

ハーフエタニティリング
引用元:ミキモト公式サイト(https://www.mikimoto.com/jp/)

光が流れるようなダイヤのリング
リングに隙間なくダイヤモンドを並べた、スクエア型だからこそできる贅沢なデザイン。プリンセスカットを採用することで、ひとすじの光のように上品な輝きを放ちます。シーンや年代を問わず広く活躍できるリングと言えるでしょう。また、ハーフエタニティにすることでダイヤモンド面以外の厚みが軽減できるため、つけやすいというメリットもあります。

ソルティアスタビー ネックレス

ソルティアスタビー ネックレス
引用元:アーカー公式サイト(https://www.ahkah.jp/)

シンプルなダイヤのネックレス
シンプルなひと粒ダイヤモンドのネックレスも、スクエアカットを選ぶことで、ぐっとモードな印象になります。チェーンや爪の輝きはあえて抑えてあり、胸元をキラリと彩るダイヤモンドの存在感を際立たせてくれるでしょう。定番アクセサリーだからこそ、少しはずしたものを選びたいという方にもぴったりです。

スクエアカットのジュエリーはこんな方におすすめ

正方形と名前につくことからもわかるように、スクエアカットは対称性において大変優れています。「公正」や「平等」のシンボルと言われるのは、こうした対称性の高さのためです。

ダイヤモンドのカットでは、「プロポーション(光を引き出す形)」や「ポリッシュ(磨き)」と共に、「シンメトリー(対称性)」も重要視されます。スクエアカットやプリンセスカットは、見た目の美しさやデザイン性はもちろんのこと、高品質なカットを求める方にもおすすめです。

あなたのこだわりが叶う国内ジュエリーブランドをPickUp!

買っても後悔しない
ジュエリーブランド4選

※下記掲載の4ブランドは公式サイトにリンクしています。