TOP » 【宝石鑑定士から学ぶ】知らないと損!ジュエリーとは » 誕生石の種類とその意味 » タンザナイト・灰簾石

タンザナイト・灰簾石

タンザナイト

タンザナイトはバナジウムを含む灰簾石の変種で、12月の誕生石の一つとしても有名。世界的なジュエリーブランドのティファニーがその美しさに目を付け、宝石として広く普及させたことから一気に知名度が高まりました。

タンザナイト(Tanzanite)は英語で「タンザニアの石」という意味で、その名のとおり、タンザニアの鉱山で見つかったことに由来しています。

何らかのきっかけでミネラルの一種であるバナジウムが入り込んだことで作られたものですが、こういった現象は非常にめずらしいことから、青い灰簾石自体、産出される地域はそう多くありません。そのため非常に希少性が高く、宝石としてはもちろん、パワーストーンとしての価値も評価されています。

タンザナイトの産地や色

原産地はタンザニア

タンザナイトが最初に発見されたのは東アフリカ・タンザニアのアルーシャ地区にあるメレラニ鉱山です。それにちなんで青い灰簾石の中でも、タンザニア付近で採掘されたものをタンザナイトと呼ぶようになりました。

そのため、厳密に言えばタンザナイトの原産地はタンザニア以外に存在しないのですが、青い灰簾石自体はオーストリアのチロル地方や北アメリカのノースカロライナ州、西オーストラリアなどで産出されています。

さまざまな青色を見ることができる石

タンザナイトは灰簾石の中でも青~青紫色をしたものを指しますが、見る角度や条件によって色合いが多種多様に変化する多色性を持っています。

例えば太陽光のもとでは色鮮やかなブルーに見えますが、月明かりや照明などの下では紫がかって見えます。これはタンザナイトに含まれるバナジウムの性質によるものですが、さらに微量の酸化クロムを含んだものは濃い青色をしています。

タンザナイトの意味や石言葉

タンザナイトの石言葉は高貴・冷静・空想で、知力や意識を高める効果を持つパワーストーンとして知られています。

人生における重大な岐路に立たされたとき、冷静な思考力と判断力をもたらし、光をもたらしてくれることから、トラブルや壁に突き当たった人のお守りとして活用されるケースも多く、困ったときに頼りになるパワーストーンと言えるでしょう。

タンザナイトと相性の良い石

  • 勝負のときはサファイア

    宝石としても人気のサファイアは、パワーストーンとしての評価も高く、目標を貫徹する意志を持つことをサポートしてくれる力をもたらしてくれます。また、集中力や直感力を高める作用もあることから、知性を高めるタンザナイトと組み合わせることでここぞというときの勝負に打ち勝つパワーを授かることができます。

  • 商売運をUPしたい人はシトリン

    11月の誕生石であるシトリンは商売運や財運、金運の象徴とも言われるパワーストーン。タンザナイトと組み合わせれば冷静な判断力でビジネスを開拓し、思う存分商才を発揮できます。

  • ビジネスの成功を願う人はゴールドルチルクォーツ

    名前のとおり強い金運をもつパワーストーンで、中国では投資や事業を行う架橋たちのお守りとして活用されてきました。ビジネスに必要な直感力や洞察力、そしてリスク回避力を備えていることからタンザナイトとの相性もよく、仕事で成功したい人にぴったりの組み合わせと言えるでしょう。

タンザナイトのお手入れ方法を紹介

タンザナイトは硬度が6~7ありますが、一定方向の圧力に弱いので衝撃を受けるとひびが入ったり、スパッと割れるように破損してしまいます。そのため、お手入れに超音波洗浄機は使用できません。傷つきやすい宝石なので落としたりしないよう、保管にも十分気を使いましょう。熱や薬品の影響を受けにくい宝石ですが、急激な温度変化や塩酸、フッ素にさらしてはいけません。汚れたときのお手入れもぬるめの石鹸水ぐらいにとどめておきます。

タンザナイトのマメ知識

多色性のあるものは評価が上がる

タンザナイトは見る角度によってカラーが変わる多色性を持っています。ブルーだけではなく角度によってはパープルに見えたりもします。この多色性はアレキサンドライトに見られる変色性とは違います。アレキサンドライトの場合は違う光の下ではっきりとカラーが分かれますが、タンザナイトの場合はネオンや白熱灯ではパープルに、蛍光灯の下で地中海を思わせるブルーに見えるぐらいの変化です。タンザナイトの中でも、多色性のあるものほど高い評価を受けています。よく言われるブルーカラーが強いものだけが評価が高いというわけではありません。

タンザナイトの仲間にも注目

タンザナイトはゾイサイトという宝石がバナジウムを含み、ブルーゾイサイトとなっているものを言います。実はタンザナイトの仲間にはカラーやそのパワーが違うものが存在します。その代表例として、ゾイサイトにはルビーを含んだ「ルビーインゾイサイト」というものもあります。これはルビーを含んだグリーンのゾイサイトで、ブラジルやタンザニアなどが産地です。ルビーインゾイサイトは2色がシンクロした不思議な魅力のある宝石として、愛好家から注目されている宝石です。別名、「アニョライト」とも呼ばれています。持ち主を積極的にしてくれることから、仕事や恋愛に行動的になれるという効果があります。また、カラーがピンクの「チューライト」という宝石もゾイサイトがマンガンを含んだものです。暗めのピンク色で、白色部が混ざっていることが多いです。ノルウェーや北アメリカ、西オーストラリアなどで産出されます。手にしていると人に愛情を持てるようになったり、信頼関係を築けるようになるという効果があります。

あなたのこだわりが叶う国内ジュエリーブランドをPickUp!

買っても後悔しない
ジュエリーブランド4選

※下記掲載の4ブランドは公式サイトにリンクしています。